暗めオリーブグレージュはブリーチ有り無しで違い歴然!その理由も解説♬

この記事を読んで頂いているあなたは、これから暗めのオリーブグレージュ(カーキグレージュ)にしたいと考えている方だと思います。

そんなあなたに知っておいて頂きたいのは、一言で暗めのオリーブグレージュと言っても

  1. ブリーチした後の髪を暗めのオリーブグレージュに仕上げる
  2. ブリーチしていない髪を暗めのオリーブグレージュに仕上げる

この2つは、同じ暗めとはいえ全く違う印象に仕上がるという事です。

そして

私がやりたい暗めのオリーブグレージュってどんなだろ?

お客様

そんな風に悩む場合も多いものですが、そういった場合は写真や画像であなたが希望する暗めのオリーブグレージュを明確にして美容師さんに説明する事がイメージ通りに仕上げてもらう近道になります。

そこで今回は、あなたが希望する暗めのオリーブグレージュは

  1. ブリーチが必要な暗めなのか?
  2. ブリーチが必要ない暗めなのか?

この2つを画像を交えて分かりやすく解説しますので、是非美容師さんへのオーダーの際にご活用下さいね♬

今回の記事を読むと美容師って暗めのオリーブグレージュのオーダーをこういう風に捉えているんだ~!

という事も同時に理解してもらえますので、今後ヘアカラーをオーダーする際にもきっと約にたちますよ!

スポンサーリンク

あなたが希望する暗めオリーブグレージュを見つけよう

では、早速ブリーチした後に暗めオリーブグレージュに染めた場合の画像から紹介していきます。

ブリーチしないとできない暗めオリーブグレージュ

 

 

強い透明感がありながら暗く感じられ、更にオリーブ(カーキ)味をしっかり感じるのがブリーチ後のオリーブグレージュの特徴♬個性的でクールな仕上がりが人気です

一度はチャレンジしてみたい、俗に言う外人風の仕上がりですね

 

ブリーチしなくてもできる暗めオリーブグレージュ

 

 

 

無難な暗めにはしたく無いし、どこか人と被らない仕上がりにしたい!そんな場合にオススメなのがブリーチ無しのオリーブグレージュです。

きちんと暗めだけど個性的、そんな特徴が魅力の色味♬

 

ブリーチしないで染めた暗めのオリーブグレージュは、ブリーチ後の仕上がりよりも透明感は弱め、外人風の雰囲気はあまり感じません。

外人風の仕上がりをお求めならブリーチ後がマストです

 

ブリーチあり、無しで仕上がりに違いがでる理由

ここからは、ブリーチした髪とブリーチしていない髪に対し、それぞれ同じ暗めのオリーブグレージュの薬剤を使用した場合を想定して説明していきます。

例えば、

ブリーチした後に暗めのオリーブグレージュの色味を入れる

外人風の色味に仕上がる。

そして、

ブリーチしていない髪に暗めのオリーブグレージュの色味を入れる

ナチュラルな暗めに仕上がる。

これって、髪の専門家である美容師にとっては当たり前に知っている事です。

ですが、一般の方にとってはそうではありませんよね?

そこでここではブリーチした髪としていない髪で、同じオリーブグレージュでも違いが出る理由についてできる限り分かりやすく簡単にお伝えします。

同じ暗めの薬剤を使っても仕上がりが変わるワケ

 

同じ暗めの薬剤を使っても髪の状態で仕上がりが変わる理由は、髪がもともと持っているメラニン色素が関係しています。

例えば、髪を明るくブリーチするというのは以下のようなイメージです。

 

画像を見て頂くと分かるように、ブリーチというのは髪が本来持っている色素を壊し脱色する事なんです。

明るくする為に行うヘアカラーも、ブリーチと強さは違えど脱色を行っていますよ

簡単に言えば、ブリーチというのは髪が本来持っている色素を取り除く行為と言うことですね。

という事は、

  1. 脱色をして髪本来の色素を壊す
  2. その後暗めのオリーブグレージュのヘアカラーをする

というのは黒い画用紙を真っ白に漂白してから希望の色を塗るというのと同じ理屈です。

逆に言えば、黒い画用紙に希望の色を塗っても、色が濁ってしまうので思うような色味にはなりにくですよね。

これはヘアカラーにも同じことが言えますので!

同じ暗めオリーブグレージュの薬剤を使用しても、ブリーチありと無しで仕上がりが変わる理由は「染める前の髪の色素の残り具合が違うから」と言えますよね。

とってもシンプルですよね♬

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です