【美容師の本音】初めての美容院!お任せのオーダーをする際にお願いしたい事とその理由!

美容院で髪型のオーダーをする際に、次回は「お任せで!」ってお願いしてみようかな?

そんな風に考えている方も以外に多いと思います。

ですが、美容師側からすると

初めて来店した美容院で初担当する美容師さんにお任せ!

とオーダー頂いた場合と、

馴染みの美容院でいつもの担当者にお任せ!

とオーダー頂いた場合って美容師が頭の中で考える状況が全く違ってきます。

どう考えても、馴染みのお客様にお任せってオーダーされた方が安心ですし俄然やる気になります。

逆に、初めて担当する方にお任せってオーダーされると、

仕事は何をされている方なんだろう?普段は髪を縛ったりしないかな?

なんて色んな考えが超特急で頭を駆け巡り若干身構えてしまいます(笑)

美容師 髪屋

私は美容師としてキャリア20年以上なのでいわゆるベテラン(と呼べる筈?)

それでも新規の方にお任せと言われると、いつもと違った緊張感がありますよ

キャリアの長い美容師でもそう思うなら、初めての美容室でお任せでお願いします!ってオーダーするのはやめた方が良いって事なのかな?

お客様

美容師 髪屋

いやいや、そんな事は無いんです!

新規の方の場合はお客様を取り巻く状況が分からないからこそ美容師側も身構えてしまうだけで、あなたにとって初めての美容院だとしてもお任せというオーダーは是非活用してもらいたいのが本音です。

美容師 髪屋

でも、お任せの際には必要最低限のあなたの情報は教えて頂きたいと思うのも本音です

そして、初めての美容院でこれからお任せのオーダーをしようと考えているあなたは、最終的には自分に似合うヘアスタイルを求めている筈ですよね?

でもこのあなたに似合うヘアスタイルと言う意味は、大抵の場合はあなたを取り巻く生活環境もふまえた上で顔や雰囲気に合うヘアスタイル=似合うヘアスタイルという事が前提だと思うんです。

極端な話、あなたの顔に似合ったヘアスタイルだとしても、学校や職場で浮いてしまうような髪型では困ってしまいますもんね。

そこで今回は、初めての美容院でお任せのオーダーをする際に、

  • あなたに似合うヘアスタイルにしてもらう為に美容師側からお願いしたい事

について、プロの美容師の本音を公開したいと思います。

今回の記事を読んで頂けば、美容院でお任せのオーダーをうまく活用できるようになると同時に!

初めてのお客様からお任せで!とオーダーされた美容師側の心理も掴んで頂けて面白いですよ(笑)

スポンサーリンク

初めての美容室でお任せのオーダーをするなら、これだけは本音でお願いしたい事!

初めてのお客様でも常連のお客様でも、おまかせでお願いします!このオーダーは一向に問題ありません。

でも、これだけはお願いしたいという絶対に譲れない事もありますのでご紹介しますね。

こんな髪型は嫌い、こうなってしまってはまずい!という事が無いか教えて欲しい

お任せのオーダーを頂いたとしても絶対に譲れない事の1つ目は

  1. こうはしたくない!
  2. こうなってはまずい!

という要望(もしあればですが)を教えて欲しいという事です。

だって、一生懸命仕上げたヘアスタイルがあなたにとって初めからそうなってしまってはまずい仕上がりだったとしたら本末転倒です。

ですから、ウルフにはしたくない、丸い仕上がりは嫌だ、軽い仕上がりは嫌い!縛れないとまずい!なんていう最低限のお好みや機能面への要望は事前に教えて頂けると美容師側も非常に安心です。

美容師 髪屋

おまかせだとしても何も聞かずにヘアスタイルを仕上げたら最後にクレームになったりしないかな??

美容師ならきっとみんなこう考えます。

この最低限の要望を伝える方法は、美容師に職業や生活環境を説明するような近い距離感は自分には好ましくない!

そう感じる方には特に活用して欲しい方法です。

最低限嫌いな髪型と、こうなってしまってはまずい状況だけ美容師に伝えれば、初回からいきなり自分の生活のプライバシーをこと細かく説明しなくてすみますからね。

確かに、初めて行く場所でプライバシーを細かく伝えるのは気がひける場合もあるもんね!

お客様

パーマやカラー等の技術も希望する場合は髪の履歴を教えて欲しい

ヘアカラー、ブリーチ、パーマ、縮毛矯正等もふまえてヘアスタイルをお任せ頂く際は、必ず覚えている限りのこれまで髪の履歴をお伝え頂けると美容師側からするとても安心です。

逆にこれまでの履歴がまったく分からない事は美容師からすると恐怖でしかありません。

病院で診察をお願いする際も処方箋の飲み合わせが適当か判断する為に、あなたが今飲んでいるお薬の有無を聞かれる事がありますよね?

美容師 髪屋

髪への履歴が分からないと言うのは、あなたが現在服用している薬を知らないままで処方箋をだすようなものなんです!

これはお客様にも、美容師にとっても怖い事です

一見ツヤツヤの髪にパーマをかけたら、実は縮毛矯正がかかっていて髪がボロボロになってしまった!

あなたのこれまでの髪の履歴を知らずに薬剤を使用するとこんな大失敗もあり得ます。

ですから、初めての美容室でお任せのオーダーする際でも、必ずあなたが髪に対してこれまで行った履歴だけは最低限伝えるようにして下さいね。

カラーやパーマ等の薬剤を使用する技術も含めて「おまかせ」でオーダーしてみようと考えている方は、美容院への来店前までにできる限り髪に行った履歴を思いだしておくと、当日のカウンセリングがスムーズにすみますよ!

お任せの場合は特に普段の服装で美容院に来て欲しい

美容師はお任せの場合、あなたの外見からも色んな情報を読み取り、できる限りあなたの好みに合うヘアデザインをしようと頑張ります。

できる限りあなたに似合わせたいのですからおまかせの場合は特に必死です(笑)

ですか、あなたの情報が少ない初回からおまかせのオーダーを頂く場合は、あなたが特に似合わせて欲しいと考えているシーンの服装で来店頂く事がオススメです。

これは例えば、職場で過ごすシーンに一番似合わせて欲しい!と感じるのであれば、普段の仕事中の服装(制服の場合は画像などをお持ち頂くと良いです)

といった具合です。

こういった情報があれば、初回からお任せでもあなたに似合うヘアスタイルを提供する精度が格段に高まります。

 

お任せは上手に活用しよう

今回の内容を読んで頂くと理解頂けると思うのですが、初めての美容院でお任せでお願いする際にも最低限教えて頂きたい情報というものがあります。

そして教えて頂きたい情報というのは

  1. 絶対してほしくない髪型
  2. 縛れないとまずい、肩についてはダメのような髪型の機能面
  3. これまでの髪への履歴
  4. あなたが特に素敵に見られたいシーン

こういったものとご紹介しました。

結局は、初めての美容院でお任せでオーダーしようと思ってもこういった情報は必ずと言って良い程美容師さんから質問されると思います。

今回お伝えしたかった事は、見た目だけではなくあなたの気持ちや環境にも合わてこそ、初めて似合う髪型をデザインできると言う事。

ですから、逆にいえば初めての美容室でおまかせでオーダーした際に、美容師から本当に何も質問がなかったり、質も少なかったりした場合は、おまかせにしなければよかった!

なんて事態になる可能性が高いので気をつけてくださいね。

ですから、あなたに似合う髪型を提案してほしい!だからこそ「お任せ」でオーダーしてみよう。

と考えている方は、是非美容師さんに必要最低限のあなたの情報を提供してから「おまかせで!」をオーダーする事をオススメします。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です