【事実】美容室のカラーで傷まない薬剤は存在します!その答えはヘアマニキュアとハーブ処方でした。

今回のタイトルから、傷まないカラー剤なんて本当にあるの?

とあなたは思ったかも知れません。

でも本当に存在しているので後ほどしっかりご紹介させていただきますから御安心くださいね。

でもその前に、何故傷まないカラー剤が存在している筈なのに美容室のカラー剤で傷んでしまったという声をよく聞くのか?

という背景が大切なので先に少し説明させて下さい。

スポンサーリンク

美容室で使用されるアルカリカラー剤は基本的に傷むもの

美容室で使用されているカラー剤は基本的にアルカリカラーという種類が大半で、髪をブリーチしながら色素を髪に入れていくという工程が基本になっていますが、もちろん軽いブリーチといえどカラーの度に髪は必ず傷みます。

アルカリカラーは基本的に

  • 美容師側の操作性
  • 仕上がりの色味

といった事をメーカーが良く研究した上で作ってくれています。

そしてこういったバランスを調整する為に、その名の通りアルカリという原料が加えられています。

このアルカリは2剤の液体と混ぜる事でブリーチ作用を促進するので、これが髪のダメージの直接的原因になってしまいます。

美容室のカラーメニューというのは、実はこのアルカリカラーを自店で使用している事が多いのです。

実は多くの美容室には髪が傷まない薬剤を使用できない事情があります

美容室のカラーのメニュー名には沢山の種類がありますよね?

例えば、著者が住んでいる地域で美容室のカラーメニューを調べてみると、うるつやカラー、アドミオカラーといったメニュー名が上位の有名サイトに表示されています。

もしあなたがツヤツヤさらさらな髪で気持ちよくお出かけしたい、髪がすごくきれいだねって周りに人に褒められたい!

そんな願望を叶えたいと思われているなら、こういった美容室のメニュー名に影響されてカラーリングをオーダーするのは今後は避けたほうが良いかもしれません。

何故なら、一般的に美容室でスタンダードに使用されているカラー剤というのは、メニュー名がどんなにおしゃれに装飾されていたとしてもアルカリカラーを使用している事がほとんどだからです。

美容師さんはこれまでも一生懸命このカラーメニューは傷みにくいんです!

と提案してくれたかもしれませんが、一向に髪が綺麗になる兆しがない。

そんな場合は使用してくれている薬剤はアルカリカラーの可能性が高いです。

そして、ここまで読んで頂いたあなたならツヤツヤさらさらの髪を実現する為には、アルカリカラー以外のカラー剤でカラーリングを繰り返していくという事がとても重要だという事が分かってもらえるのではな無いかと思います。

MEMO
つやつやなカラーリングを維持する為には、髪にアルカリカラーのダメージを蓄積させないことが肝心です。よってカラーリングを傷ませず楽しみたいなら、アルカリカラーを連続で繰り返す事はさけるべきです。

傷まないカラー剤ってどういうもの?

シェアの多いアルカリカラーが、髪を傷ませてしまう理由をご理解頂いた上でこれから髪が傷まないカラー剤をお伝えしますね。

それは

  • ヘアマニキュア
  • ハーブ処方のカラー剤

こういった薬剤となります。

この名前を聞いた事が有る方も多いかも知れませんが、これらの薬剤は基本的にダメージの原因になるアルカリが含まれていませんので、繰り返しても髪が傷むという事がありません。

但し、色味の表現の幅が狭いというデメリットもあるので、アルカリカラーを1度毛先まで伸ばすカラーリングをしたら、最低でも2回は毛先へのカラーリングをヘアマニキュアかハーブ処方のカラー剤で行ってもらうように美容師さんにお願いするのがオススメの方法です。

この薬剤と方法を使えば、アルカリカラーを続けていたあなたの髪は見違えるほど綺麗な髪に変わっていきますよ。

マニキュアの注意点
ヘアマニキュアは水に濡れると色落ちが激しく、衣服が汚れる可能性が高いのでお願いする場合は透明のマニキュアとお願いしましょう
ハーブ処方のカラー剤の注意点
ハーブ処方のカラー剤はオーガニックという名前を冠にしたアルカリカラーと混同されがちですが、こちらはダメージがでます。ハーブカラーという薬剤ヘナ100 %と表記のある薬剤であれば髪は傷みません
スポンサーリンク

事前にどんな薬剤を使用しているのかを美容室に電話で確認してみよう

今回の方法を実践する為には、あなたがカラーリングをお願いする美容室で上記の薬剤をおいているかどうかが重要なポイントですので、予約の時点でこういった薬剤を扱っているかどうか?

というのを事前に確認する事を忘れないで行って下さいね。

髪のダメージを抑える効果が高いのに簡単に実践できる方法なので是非試してみてください。

ちなみに、著者の美容室でもこの方法を活用してお客様に喜んで頂けていますよ~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です