美容室のセットを自宅で再現!メンズショートのドライ方法(乾かし方)を公開

美容室でカットしてもらう度にワックスやスプレーの使い方をレクチャーしてもらいながらヘアセットしてもらってるんだけど、未だに下手でうまくいかない!

お客様

こんな風に、男性のショートヘアの方って担当の美容師さんにスタイリングしてもらった髪型を自宅で再現できない!

というような悩みをお持ちの方って意外と多いのではないでしょうか?

 

そして貴方は、スタイリングが上手くいかない原因についてこんな風に考えた事はありませんか?

  • スタイリング剤をうまく使えない自分が悪い?
  • 美容師さんに教えてもらった方法を自分がうまく実践できてない?

でもそう考えるのはちょっと待ってください、自分でうまくセットできない原因はひょっとしたらスタイリング剤をつける以前に「髪の乾かし方」が原因になっている場合が多いってご存知でしたか?

神谷

実は、プロ目線で見るとスタイリング剤を付ける前に行う髪の乾かし方で、ヘアセットがうまくいく確率の9割が決まっているって知ってましたか?

そこで今回は、実際に私が男性のお客様に日頃お伝えしている、ヘアセットが劇的にうまくなる髪の乾かし方を

  • 前髪
  • トップ
  • サイド

というようにパーツごとに分割し動画も交え分かりやすくお伝えしていきます。

この記事を読んで頂ければ、必ずこれからの貴方のヘアセットに役立つと断言できますので、自分に必要な部分をピックアップして活用して頂ければ嬉しいです。

神谷

ちなみにブラシ類は一切使用していませんので、素人の方も簡単に真似できちゃいますよ
スポンサーリンク

トップセクションをふんわり乾かす為の乾かし方

トップ(頭頂部)のふんわり感は男性のヘアスタイルををかっこ良く決めるためには欠かせない要素です。

動画を参考にして頂き確実にマスターしてしまいましょう!

根本を立ち上げてふんわりさせたい場合の解説


ふんわりさせる際の乾かし方の動画補足
  1. つむじから前の髪を人差し指に巻きつけてドライヤーの熱をあてる(この時に根本にも熱をあてるとgood!)
  2. 髪を指にまきつけたままの状態で10秒冷ます
  3. 以降はボリュームのほしい場所に繰り返し①②を行う

ソフトツイスト状の動きでふんわりさせたい場合の動画解説

ソフトツイスト状の動きでふんわりさせる乾かし方の動画解説

  1. つむじから前の髪を人差し指で強く捻ってドライヤーの熱を当てる(この時に根本にも熱をあてるとgood!)
  2. 髪を詰ったままの状態で10秒冷ます
  3. 以降はボリュームのほしい場所に繰り返し①②を行う

自由自在にヘアセット!前髪セクションの乾かし方

男性のヘアスタイルに限った事ではありませんが、この部分がうまくまとまらなければヘアスタイルにまとまりを感じる事はありえない。

といっても過言ではない程ヘアスタイルの中で重要な要素になっている前髪。

神谷

重要なセクションだけに、前髪を
    • アップバング(前髪を立てる)にできない
    • ナナメに流したいのに流せない!

なんて事があるとスタイリングする気もおきないなんて男性も多いのではないでしょうか?

まずはスタイリングする上で最重なウェイトを占める、前髪の乾かし方からお伝えしたいと思います。

前髪をアップバングにしたい場合の動画解説

前髪をアップバングにする乾かし方の動画補足
  1. 生え際の根本と、その後ろの髪を立ち上げる
  2. 髪の根本を指に巻きつけドライヤーの熱を当てる
  3. 指に巻き付けたままで10秒ほど髪を冷ます
  4. 髪の中間を指に巻きつけドライヤーの熱を当てる
  5. 指に巻き付けたままで10秒ほど髪を冷ます

神谷

この乾かす方法をサロンで直接お客様にレクチャーする場合にも伝えしている事なのですが、髪はドライヤーの熱をあてたタイミングではなく、完全にドライヤーの熱が冷めたタイミングで形がつきます

ですから、上記の解説文で赤字にさせて頂いた③⑤の工程に含まれている冷ますという部分を意識して行なうのが、今回お伝えするセルフドライにおいての最重要ポイントになります

どの乾かし方を実践する場合も意識的に冷ますんだ!という意識で行ってくださいね

 

前髪を柔らかくナナメに流したい場合解説

前髪をナナメに流す際の乾かし方の動画補足
  1. 流したい部分をピンで分けとる(100均などの安価なものでもok)
  2. 前髪を小分けにし、中間を曲げつつドライヤーの熱を当てる
  3. 髪を中間から曲げたままの状態で10秒冷ます
  4. 以降は流したい部分に①~③を繰り返し行う

 

スポンサーリンク

サイドセクションに動きを出したい、浮きを抑えたい場合の乾かし方

男性のヘアスタイルにおいて、サイドは動きの味付けをするには欠かせないセクション。

いつものヘアスタイルに飽きてきてしまった!

なんて方もきっと多い筈、そんな時はサイドに外ハネの遊びを作ってあげるだけで、ヘスタイルの雰囲気がアクティブなイメージに180°変えられるのでおすすです。

神谷

  • サイドが浮いてしまう(立ってしまう)

なんて方の悩みについても、今すぐ解決できてしまうマル秘テクニックをお伝えしています

是非、御覧くださいね

外ハネに動きを出したい場合の動画解説

外ハネにしたい場合の乾かし方の動画補足
  1. サイドの髪をピンで止める
  2. 人指し指と中指で髪を挟んで手首をひねる(この時に顔を傾けると楽)
  3. ドライヤーの熱を裏側から当てる(根本は潰しながら行う)
  4. 髪を指で挟み、手首はひねったままで10秒冷ます
  5. 以降はこめかみの下まで繰り返し行う

 

短いサイドの髪が浮いてしまう場合の動画解説

 

サイドの浮きを抑える場合の乾かし方の動画補足

 

  1. 抑えたい場所に手のひらを添える
  2. 髪を抑えたままの手のひらを少し引き上げ「根本にたわみ」を作る
  3. 手のひらの内側にドライヤーの熱を入れるように乾かす
  4. 手の平を当てて「たわみ」を維持したままで10秒冷ます

 

うまく実践できましたか?

今回は、男性のショートスタイルのヘアスタイリングにおいて非常に重要な部分になる

  • 前髪
  • トップ
  • サイド

についての乾かし方をピックアップしてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

男性のヘアスタイルをサロンクオリティーで再現するためには、俗にいう髪が濡れた状態からの乾かし方よりも、乾かしてからの癖づけが重要なが今回の記事を通して御理解頂けたのではないかと思います。

今回のモデルは僕自身でお伝えしましたが、動画の中でもお伝えしているとおりに僕の髪質は直毛でパーマも全くかかっていない状態からのスタートで動画内の工程を行っています。

このように、パーマがかかっていなくても絶大な効果を期待できる乾かし方ですので、是非実践して今後のヘアセットにお役立てくださいね。

神谷

ゆるくパーマがかかった状態、残った状態で今回の乾かし方を行うと更に絶大な効果が発揮されますよ

是非お試しあれ~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です