縮毛矯正のその後は?シャンプー、ヘアケア、ヘアアイロンの正しいお手入れを徹底解説!

Spread the love

縮毛矯正をかけたのはいいけれど、今日ってシャンプーしていいんだっけ?

寝癖がついちゃった~、ヘアアイロンは入れても大丈夫かな?

美容師さんから説明があったような気がするけど、色々な事を話したから忘れちゃったなぁ

お客様

せっかく担当の美容師さんから縮毛矯正のお手入れ方法を教えてもらってもいちいち全部は覚えてられない。

そんな風に感じる方も多いのでは無いでしょうか?

でも、日々のお手入れの仕方を間違えると、持ちが悪くなったり、傷んでしまったりするので注意です!

そこで今回は、縮毛矯正後のお手入れの仕方が曖昧になてしまった。そんああなたの為に

  • 縮毛矯正後の正しいお手入れ

について徹底的にお伝えしていきたいと思います。

縮毛矯正後のシャンプーや、ヘアアイロン、ヘアケア等で正しい方法を忘れてしまった、、、という方は是非最後まで読んでくださいね。

 

目次

スポンサーリンク

縮毛矯正後のシャンプー関連についての正しい知識

 

シャンプーはいつからOK

縮毛矯正後のシャンプーは、最低でも24時間あけましょう!

基本的に翌日の夜にはシャンプーしても大丈夫、と覚えておくといいと思います。

なぜ当日にシャンプーしてはいけないの?

縮毛矯正をかけた髪は、一つ目につける薬剤の影響で一度アルカリ性に傾きます。

そして、アイロン後の二つ目につける薬剤で酸性に戻しています。

しかし、そうはいってもたかだか10分〜15分程度で完全に酸性に戻す事はできず、最終的には空気に触れて酸化(空気酸化)する事で髪が安定する弱酸性に落ち着いていきます。

当日、又は24時間以内にシャンプーしてしまうと、この空気酸化が済んでいないうちに髪を洗うことになり、縮毛矯正が取れやすい原因になってしまうので注意しましょう。

 

翌日の朝はシャンプーしていいの?

先にお伝えしたように、髪の内部が安定するまでに最低でも24時間かかります。

なので、縮毛矯正の翌日もシャンプーはしないようにしましょう!

お風呂で髪が濡れても大丈夫?

髪が濡れるとキューティクルが開きやすくなります。

更に、縮毛矯正したばかりだと一度開いたキューティクルはさらに不安定です。

MEMO

髪を外の刺激から守っているキューティクルが開く=内部のたんぱく質が傷みやすい

縮毛矯正は内部のたんぱく質を変化させてストレートにしていますので、縮毛矯正をかけたての髪は、

  • シャンプーをしない
  • 緩くヘアゴムで止める

などして、なるべく早く濡らさないようにしましょう。

ヘアゴムもきつくとめる伸ばしてよくないので、緩く結ぶようにしましょう!

毎日シャンプーしていいの?

24時間が経過すれば毎日シャンプーして大丈夫です。

いつもどおりにシャンプーすればいいの?

縮毛矯正をかけた髪は、見た目は元気に見えますが実はとてもデリケートで摩擦に弱い状態です。

  1. 地肌付近を洗う際はマッサージするように優しく洗う
  2. 中間と毛先は特に擦らないように、シャンプーをしっかり泡立てたら、髪を泡に包むようにして優しく揉み込む

 

①②のように洗えば、日々のシャンプーのダメージを抑えることができます。

トリートメントはしていいの?

縮毛矯正をかけてから24時間が経過すれば、シャンプーと一緒にトリートメントもOKです。

トリートメントをつけたら荒目のコームでとかし、よく揉み込んでから流すと効果が高まるのでオススメです!

シャンプー後に濡れたまま放っておいて大丈夫?

先にお伝えした通り、濡れた髪はキューティクルが開きやすく摩擦に弱い状態になっています。

なので、できるだけ早く乾かした方が、

  • ①パジャマに髪が擦れる
  • ②髪内部の水分が蒸発する

 

①②のダメージになる原因を予防できますので、できるだけ早めに予防するようにしましょう!

ドライヤーはできるだけ良いものをつかうと◎

余談ですが、縮毛矯正をかけている方は、ヘアビューザーなどに代表される髪を綺麗にする。

と謳っているドライヤーも、縮毛矯正の質を高めるという意味ではオススメです。

ヘアビューザーに関しては、メーカーが主張している、波動で乾かすほど綺麗になる。

という効果に関しての信憑性は正直よくわかりませんが、実際にサロンで使用している感想としては、

  • ツヤが出る
  • まとまりが良い
  • 髪が柔らかく乾

という効果は実際に感じます。

ヘアビューザーを使用しているお客様からも、同じような感想を頂きますよ

縮毛矯正した後のヘアアイロンについての正しい知識

縮毛矯正をしたら、ヘアアイロンは使わない方がいいの?

お客様

こんなふうにご質問いただく事も多いので、ここからは縮毛矯正後のヘアアイロン(カールアイロン)に関する正しい知識をお伝えしていきますね。

縮毛矯正した後にヘアアイロンやコテを使っても大丈夫

縮毛矯正の持ちに関して言えば、

  • ストレートアイロンは縮毛矯正をかけてから24時間立っていれば使用して大丈夫です

しかし、

  • カールアイロンは一週間程度は使わない方が◯です

これは万が一にでもカールアイロンの熱の力+曲げるセットで縮毛矯正が取れてしまうリスクを無くす為です。

縮毛矯正した後にヘアアイロンやコテを使って傷まないの?

残念ながら、ヘアアイロンやカールアイロンの熱は、どれだけ注意しても確実に髪のダメージを進行させてしまいます。

  1. 温度が高すぎ
  2. プレスしすぎ
  3. 同じ所に何度もアイロンを当てる

①②③は特に髪のダメージがすすみ、最悪の場合はもちにも関わってしまいます。

なので、

  • アイロンの温度は160度程度で使用する
  • 強くプレスしない
  • 同じところは三回を限度にアイロンを当てる

を心がけるようにしましょうね。

朝は面倒だから、夜のうちにヘアアイロンやコテを入れても良い?

縮毛矯正をかけてから24時間以降れば、ストレートアイロンの場合はオッケーです。

少し寝癖がついた部分だけ朝に手直しすれば、時間短縮になるケースも多いと思います。

 

但し、先にお伝えしたように、カールアイロンの場合は縮毛矯正をかけてから一週間程度は使わないようにして下さい。

 

マジックカーラーは使っていいの?

熱の負担がヘアアイロンより少ないマジックカーラーの使用も、縮毛矯正をかけてから一週間程度は避けた方が安心です。

 

スポンサーリンク

縮毛矯正後のヘアケア(アフターケア)の正しい知識

縮毛矯正した髪を綺麗に保つ為には、その後のアフターケアも大切です。

ここでは、そんなアフターケアに必要な正しい知識をお伝えしていきます

ヘアオイル、ジュレ等はつけていいの?

はい、つけて大丈夫です。

縮毛矯正した後の髪には是非、積極的につけるようにしましょう。

髪をドライヤーの熱や摩擦から守る効果が期待できます。

紫外線予防のスプレーはつけていいの?

紫外線予防スプレーも積極的に使用したいところです。

紫外線は、髪のたんぱく質を破壊しパサツキや切れ毛、枝毛などの原因になります。

どんなシャンプー&トリートメントがいいの?

縮毛矯正をかけた髪を洗うシャンプーは、できるだけ洗浄力が優しいものを使うと、綺麗でツヤのあるストレートを保ちやすくなります。

美容師としてとくにオススメなのは、アミノ酸系のシャンプー&トリートメントとなります。

ツヤツヤ美髪バイブル!美容師が教えるホームケアの選び方と使用方法

※アミノ酸系シャンプーの選び方を詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にして下さい

その他、縮毛矯正後のお手入れに関連した正しい知識

その他、当店のお客様からよく頂く質問をまとめてみました。

是非参考にしてください。

ヘアカラーはいつからしていいの?

縮毛矯正をかけた後にヘアカラーをする場合は、一週間程度空けた方が良い。

という美容師さんも多いですが、これは一概には言えません。

  1. 明るさを変えず
  2. 色味だけ調整する暗くする

 

このように、今より明るくしたいというオーダーでなければ縮毛矯正とヘアカラーは当日でも大丈夫です。

ただし、明るくしたい場合は一週間程度の期間を空けた方が良いです、

縮毛矯正とヘアカラーの同日施述についてはこちらの記事も参考にしてください。

縮毛矯正とヘアカラーはどっちの予約が先でもOK!その理由を解説します!

スタイリング剤、ヘアクリーム等はつけてもいいの?

はい、かけた当日からスタイリング剤はつけて大丈夫です、

ただし、


縮毛矯正をかけてから24時間はシャンプーができませんので、もし髪に整髪料が着いたままだと気になるし、枕が汚れそう!

そんなふうに感じる方は、美容室で仕上げてもらう際に担当の美容師さんと相談する様にしましょう

 

ヘアゴムで髪を縛っても大丈夫?

縮毛矯正をかけた後にヘアゴムできつく髪を縛る事はおすすめできません。

ゴム後が取れなくなったり、癖が戻りやすくなる原因になります。

どうしても縛りたい場合は、緩く縛る程度に留めるようにしましょう。

ヘアピンは使って大丈夫?

縮毛矯正した髪を一般の方がヘアピンで止める場合は、ヘアゴムよりも注意が必要です、

というのも、ヘアピンを使う際に無理やり髪を止めると、

  • 止めた跡
  • 止めた場所が折れる

 

などのリスクがあるからです。もしどうしてもヘアピンを使わらければいけないという場合は、

一度に沢山の髪を無理やり止めると、止めた部分に後がつきやすくなりますので避けるようにしましょう。

縮毛矯正後をかけたその後のお手入れはもう安心です。

縮毛矯正は一度かけてしまえば数ヶ月の間ストレートを保つ事ができ、くせ毛の方にはなくてはならない技術です。

そして、せっかく時間や費用をかけた縮毛矯正ですから、

長持ちした方が良いですし、綺麗なストレートを保っていたいですよね。

今回お伝えしてきた縮毛矯正の正しいお手入れ方法は、そんな風に考えているあなたの役に立つ内容を網羅してきたつもりです。

 

冒頭でもお伝えしたように、美容師さんからお手入れの説明を受けた覚えはあるけど、項目が沢山あって一度では覚えきれない。

でも、できるだけ正しくお手入れがしたい!

という方も多いのではないかと思います、

そんな時に、今回の記事がお役に立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です