【専門家が伝授】大人髪を綺麗なサラツヤにを叶える♪ヘアケア方法と対策を公開!

Spread the love

綺麗なサラツヤ髪になりたいな

お客様

そんな願望を持つ女性から圧倒的な支持を得る福島県郡山市の美容室プールブー。

 

開業当初から髪質改善サロンとして運営し、髪にお悩みのお客様から以下の口コミような評価を早10年以上積み重ねて来ました。

 

そして、この記事では約10年以上積み重ねた実績や情報を元に

「綺麗な美しい髪になりたい」そんなあなたに役立つヘアケア方法とその対策をわかりやすくお伝えしていきたいと思います♪

美髪になる為にはどうしたら良いのか?を知りたい大人女性は是非最後まで読んで見てくださいね!

スポンサーリンク

【女性がもつ髪悩み】ヘアケア方法と対策を公開!

美髪になりたいと思っていても、簡単にはそうさせてくれない髪の悩みというのはつきものですよね。

でも、その悩みを解消してこそのサラツヤ髪である事も事実ですし、あなたも何かしらの髪の悩みをお待ちかもしれませんね。

当店でも、日々沢山のお客様からお悩みのご相談を頂いていますよ

美髪にする為には、まず悩みに応じた髪悩みを解消し、サラツヤ髪に向かう為のベースを整える必要があります。

そこであなたの悩みも解消すべく、当店でよくご相談頂くお悩みとその解消方法を公開したいと思います

きっとあなたと同じ悩み、そしてその解決方法が見つかる筈です。。

【悩み1】ヘアカラーのダメージ

イメージをよく見せたい、白髪を染めたい!

そんな願望が手軽に叶うヘアカラーは、いまや全国で1800万人以上の女性に利用されていると言われています。

そして、利用者が多いからこそ

  • 傷んでパサパサになってしまった
  • 手触りがキシキシしてきた
  • etc、、、

こんな悩みの相談も毎日後を経ちません。

あなたもヘアカラーのダメージで、パサツキや広がり、毛先がまとまらない!

こんな風に悩まされているなら、ぜひ解決方法を知っておいて下さいね。

【解決策】ヘアカラーのダメージを抑える方法

ヘアカラーのダメージを手っ取り早く抑えたいならリタッチカラー(根本のみ染める)を繰り返しましょう!

一般的に美容室で使用しているヘアカラーはアルカリカラーという種類に大別されますが、残念ながらこの種類のヘアカラーは繰り返すたびに少しずつ髪を傷めてしまいます。

なので、できるだけリタッチで毛先のダメージを抑えつつ、毛先の明るさが気になってきた時のみ全体を染める!

こんな風に、1年間のうちで毛先まで染める回数を減らすだけでヘアカラーのダメージから解放される方も多い筈です。

セルフカラーをしている人は特にリタッチを心がけよう

最近は市販のカラー剤を使用し自分で染めていると言う方も多くなってきていますが、そう言った方はなおさらリタッチを心がけましょう!

その理由としては、実は市販のヘアカラーはプロ用のカラー剤と違って、髪の傷みを進行させてしまう成分が残留しやすいという特徴があるからです。

簡単にお伝えすると、アルカリ剤が残留しやすいんです!

MEMO

市販品はモノエタノールアミンというアルカリ剤を使用していることが多い。

反応が穏やかなので、一般の方にも扱いやすい薬剤になる反面で、不揮発性なのでカラー後の髪に残留しやすい。

結果として、髪に残留したアルカリ剤でダメージが進行してしまいます

 

アルカリカラーで傷む原因は主に2つ

アルカリカラーのダメージというのは、主に過酸化水素とアルカリ剤の影響です。

この影響を一般の方にも分かりやすくまとめると、

  • アルカリ剤でキューティクルのこじあけ
  • ブリーチ反応で髪内部のたんぱく質を破壊

となります。

キューティクルをこじあけて、髪のたんぱく質を壊す、これがアルカリカラーによるダメージです。

なので、髪を綺麗にしたいなら本当は出来るだけ毛先にヘアカラーをしないにこしたことは無いんです。

繰り返すたびに髪を傷めてしまう理由が一目瞭然ですよね!

 

アルカリ0、ブリーチ0でヘアカラーしたいなら

プールブーでは、扱いが難しいオーガニックハーブカラー【アルカリ0・ブリーチ0

をオリジナルレシピで使用し、ダメージの0を実現しています!

  • 毛先の色落ちが速い
  • すぐ黄色くなってしまう

こんな理由でリタッチを続けられないという方は是非ご相談下さい。

スポンサーリンク

悩み2パーマ、縮毛矯正のダメージ

くせ毛を扱いやすくする縮毛矯正や、デザイン性やまとまりを表現するパーマ。

この二つは美容室に無くてはならない技術です。

でも、髪に薬剤を反応させる技術なのでダメージは絶対に避けられません。

だからこそ!

これからご紹介する、縮毛矯正やパーマとの上手な付き合い方を知って、美しい髪を目指しましょう。

【解決策】パーマ、縮毛矯正のダメージを抑える方法

縮毛矯正やパーマのダメージを抑える1番の方法は、

  • 髪のコンディションを整えてからかける

 

そしてカラーの考え方と一緒で

  • 年間の回数を減らす

 

と言うことです。

そのコンディションが整ないから、縮毛矯正とパーマによるダメージの解決方法を知りたいのに、、、、

それなのに先にコンディションを整えろって、矛盾してるんじゃない!

お客様

こんな風に感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも落ち着いて聞いてください!

ここで言うコンディションを整えるというのは、髪が綺麗になってからという事ではありません!

 

  • 縮毛矯正やパーマで傷んだ部分を無くす=コンディションを整える

という事です!とお伝えしたいのです。

矯正・パーマは健康な髪にかけるから長持ちする

傷んだ部分の髪というのはたんぱく質が流失した状態になてしまっています。

そして、傷んだ部分を無くして健康を取り戻した髪はたんぱく質が正常に詰まった状態。

縮毛矯正パーマのどちらもこのたんぱく質を土台にして髪の形を変化させています。

なので、この土台の量が多いほど持ちよくなります。

例えば、縮毛矯正の持ちが良くなれば次回からはリタッチで済ませられるようになりますし、パーマの持ちが良くなれば、

ウェーブ→ゆるふわ→内巻き

このように、数ヶ月かけてゆるくなっていくパーマの変化を楽しむ事もできます。

このどちらも、年間の施述回数を減らすという事につながるので髪のダメージを抑えられるという事に繋がるという訳なんですね

薬剤を使う技術は、大なり小なり髪を傷めます!

美髪を目指すなら、髪への負担はできるだけ少ない無いにこしたい事はないんです!

パーマ、縮毛矯正で傷む原因

パーマと縮毛矯正で髪が痛む主な原因は、薬剤に配合された還元剤です。

この還元剤の役割をざっくり簡単に説明すると

  • 髪内部のタンパク質を切断

となります。

最後につける薬剤で、再度たんぱく質をくっつけるように反応させますが、一度切断したんぱく質が完全に元通りになることはありません。

縮毛矯正剤には、殆どの製品にアルカリが配合されていますし、高温アイロンの熱処理によるダメージか発生しています!

【悩み3】カラー、パーマ、縮毛矯正の複合ダメージ

カラー、パーマ、縮毛矯正と全てのダメージが重なってキシキシ、ゴワゴワがどうにもならない!

という方も結構多いのではないでしょうか?

この場合、何を優先してダメージを抑えるべきなのか?に相当悩まれていることでしょう!

でもだいじょうぶです!

時間はかかりますが、正しいプロセスで髪のコンディションを整えていけば、必ず綺麗な髪になる事ができますよ!

【解決策】

このお悩みは、ヘアカラーによって以下のような刺激を受けて発生しています。

 

  • アルカリ剤でキューティクルのこじあけ
  • ブリーチ反応で髪内部のたんぱく質を破壊

 

加えて、縮毛矯正+パーマで以下のダメージも蓄積しています。

  • 髪内部のタンパク質を切断
  • アイロンの高温処理でタンパクが傷む

この場合、ダメージを排除する為に取り組みやすい順番は以下になります。

  1. カラーをリタッチのみにする
  2. 縮毛矯正をリタッチのみにする
  3. パーマは一旦やめる

ヘアカラーと縮毛矯正は、新たに伸びる根本がどうしても気になってくると思いますし、白髪がある方、癖が強い方は尚更ですよね。

なので、ヘアカラーと縮毛矯正を止めるわけにはいかない方が多いと思いますので、毎回リタッチで済ませて毛先へのダメージを抑制しましょう。

そして、パーマは思い切ってやめる事が肝心です。

先にもお伝えしたように、傷んんでいる毛先が無くなりコンディションが整うまでの間は、申し訳ないのですがパーマをかける事は諦めてください!

残念ながら、今のコンディションのままパーマを繰り返すと絶対に綺麗な髪は目指せないんです

この方法でも、あなたの髪の長さによっては美しい髪を手に入れるまでに、半年や1年、または数年かかる可能性もあり得ます。

しかし時間がかかるからといって取り組みを始めなければ、いつまでも美しい綺麗な髪を手に入れることはできません。

ですから、勇気を持って少しずつ取り組んでいきましょう!

時間はかかりますが、必ず着実に髪が健康になっていく実感を掴む事ができるはずです

【悩み4】根本のアホ毛が目立つ

分け目のあたりでつんと立ってしまう、俗にいうアホ毛。

当店のお客様からも、

  • 年齢を感じる
  • だらしなく感じる

とご相談をいただく事が多いです。

どんなに髪全体のまとまりやツヤがよくても、アホ毛がひどいと綺麗な髪とは言えない!

そう感じるあなたはアホ毛の改善に取り組み始めましょう!

【解決策】

根本的にアホ毛が減ったという実感を得るまでには少し時間がかかります。

何故かというと、

  • 育毛剤
  • 頭皮用化粧水

このような商品を地道に使い続ける事が重要だからです。

加えて、サロンで頭皮のクレンジングや血行促進、新陳代謝促進を兼ねたたヘッドスパメニューを併用すると商品の効果を高める事ができますよ!

アホ毛=髪のダメージ?

アホ毛は根元で髪が切れたもの=髪が傷んでいる

と思っている方も多いかも知れません。

縮毛矯正をした髪にブリーチを繰り返したりと、相当ハードな傷み方ならそれも無くはないのですが、、、

実は、アホ毛の悩みの大多数はエイジング(老化)だったりします。

髪には2年から6年の成長期というものがありますが、毛根の老化や退化の影響で髪の成長が遅くなったり、止まってしまう事があります。

だから、アホ毛というのは途中で切れた毛では無く、成長が遅かったり止まってしまった状態と言えます。

なので頭皮のエイジングケアにあたる、育毛剤や化粧水、ヘッドスパは髪の成長を助けるのでアホ毛への対策に繋がっていきます。

※セリフ

毛根から元気にしないといけないから、効果には時間がかかるんですよね

【悩み5】中間の切れ毛が目立つ

髪の表面の真ん中あたりからの切れ毛が多くて収まらない!

湿気や乾燥で余計にパヤパヤと広がって、なんだかお手入れをサボっているように見えてしまう、、、。

綺麗なまとまりのある髪にしたいあなたにとって、これは邪魔者以外の何者でもありませんね。

早く解決して、綺麗は髪を目指しましょう!

【解決策】

手っ取り早く解消したい、そんな方は表面に縮毛矯正をかけてもらうのが1番の解決策です。

この方法なら、縮毛矯正をかけたその日から切れ毛を目立ちにくくする事ができます。

ただし、髪の状態を美容師さんとしっかり相談してから行って下さいね!

薬剤の判断を間違えるともっとひどくなる場合がありますし、ぺたんこになりすぎて戻せない!

なんて事にもなりかねません、、、。

だから信頼できる美容室や美容師さんにお任せしましょうね

信頼できる美容師をお探しなら!

※プールブーならダメージした髪も

  • 厳選した薬剤
  • 専門家の髪質判断

 

で安心して切れ毛を抑えることができます。

また、切れ毛を抑えたいけれどペタンコににしたく無い!という方もお任せ下さい。

【切れ毛の原因】

切れ毛になる原因は年代によっても多少異なりますが、おおよそは2つの原因に絞られます。

一つ目は、アホ毛ができる原因と同じで、エイジング(老化)です。

この場合、アホ毛と同じ対策で良くなる実感が得られる場合もあるでしょう。

2つ目は、ダメージの積み重ねによって髪が切れてしまっています。

  • 日々の雑なブラッシング
  • ドライヤーの熱
  • 紫外線
  • プール
  • サウナ
  • 海の塩やけ

上記の中で心あたりがある方は、縮毛矯正で切れ毛を抑え後には是非後述しているシャンプーの選び方と乾かし方を参考に実践してみてください!

まとまりの良い綺麗な状態を長く楽しめるようになりますよ♪

【悩み6】元々髪質はストレートなのに、湿気や乾燥でうねり、広がりを感じる

ある日ふと気がついたら、うねりや広がりによって髪のまとまりが悪くなってしまった!

出産して落ち着いた、または30代くらいの女性のお客様からご相談を受けるケースが多い髪のお悩みになります。

特に、乾燥や湿気の強い時期、夏場や冬場に強くこの症状が現れる方が多いのが特徴です。

うねりや広がりは、バサついて見える原因に、、、

綺麗な髪を目指すあなたにはとても邪魔な存在ですよね。

対処法を知って頂き、早くそのストレスを無くしてしまいましょう♪

【解決策】

うねりや広がりの解決方法は、切れ毛と同じく表面に縮毛矯正をかけることで対処できます。

この場合も、余計なダメージにならないように信頼できる美容室、美容師さんにお任せするようにしてくださいね!

 

急にうねりや広がりを感じるようになるのは何故?

うねりや広がりは、年齢とともに次第に髪が細くなると急に発生する事が多いです。

 

最近はエイジング毛なんて呼ばれ方をしたりもしますよ

今まではたんぱく質に満たされ湿気や乾燥に強かった髪も、細くなるに連れて徐々にたんぱく質が減っていきます。

そうして、ある日急にうねりや広がりを感じるように!

これもエイジングの一部なので、縮毛矯正に合わせて、育毛剤や頭皮用化粧水、ヘッドスパを使用して進行を予防すると効果的です!

綺麗なサラツヤ髪へのセルフケアをマスターしよう!

 

せっかく綺麗にまとまりよくした髪も、正しいセルフケアをしないと長持ちしません。

どんなに高級なエステに通っても普段のケアをサボれば無意味なのと一緒ですね!

あなたもセルフケアの正しい方法を知って、美しい髪に導く最短ルートを進みましょう!

美髪への近道は、髪に合うシャンプー&トリートメント選び

セルフケアの王道はなんといってもシャンプーとトリートメント!

といっても過言ではありません。

毎日使うものだからこそ、アミノ酸ベースの髪に優しいシャンプーを選びましょう!

種類が沢山あって選べない、、、というあなたは、

  • シャンプーの選び方
  • おすすめシャンプー

を以下の記事で紹介していますので参考にしてくださいね!

ツヤツヤ美髪バイブル!美容師が教えるホームケアの選び方と使用方法

綺麗な髪には乾かし方もとっても重要なんです!

綺麗な美しい髪を手に入れる為の最後のステップは髪の乾かし方です!

乾かし方が悪いと、せっかく綺麗にまとまりやすくなった髪もいまいち綺麗に見えない!

なんてことも、、、。

そんな事にならないように、簡単に正しい乾かし方を理解してもらえる動画もこちらの記事で紹介しています。

 

「美容師直伝」サラサラとツヤツヤを叶える正しい髪の乾かし方!天使の輪を作る美髪へ

 

是非、この乾かし方をマスターしてもらい、綺麗でまとまりの良い美髪を叶えてくださいね🎵

 

まとまりの良い綺麗な髪を目指すあなたへ

いかがでしたか?

綺麗な髪を目指すあなたの持っている、悩みの解決策を見つけることはできましたでしょうか?

この記事からも分かるように、ツヤサラ髪を目指すには、まず私たち美容師の専門技術で髪の悩みを解消することが第一です!

その後、正しいホームケアや、乾かし方でそのコンディションを持続していく。

この考え方が美しく綺麗な髪を保つための秘訣となります。

また、サロントリートメントにごたわりがある美容室なら、

美容師の専門技術+ホームケア+乾かし方

この相乗効果で、サロントリートメントの効果も持続&蓄積していきます。

そうなれば、圧倒的に綺麗な髪を叶える事も可能です。

ぜひ今回の記事を参考に、あなた史上最高の綺麗なツヤ髪を目指してくださいね。

 

※髪質改善サロンのプールブーは、ダメージレスな施述とこだわりのトリートメントが自慢です。

あなた史上最高のツヤ髪を目指すなら、是非ご予約下さい。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です